Start content

天気予報は「明日は雨」と。ホッとした。

連絡のついた人で、鯉のエリアからバケツリレーで水の補給作戦。
公園の親子、川底で遊んでいた少年たちみんなが自然に集まってくれて、黙々とバケツで運ぶ・・・。
ある女の子はバケツを運びながら、『アタシ、遊びに来たのに、仕事してる・・・』と。
大笑い。

そのうちに、少年が、大きな石を持ち上げたら
ナントひっそりと湿気の中で命をつないでいるザリガニを発見。
次々に発見。動かないのもいた。元気なドジョウもいた。
もう、大騒ぎ。30匹ほど救出して、鯉のエリアに移した。

決して冬眠ではなく、水が日増しに減っていく中で安住の場所を石の下に求めたに違いない。
このまま雨が降らなかったら・・・と思われた。

理屈ナシで子どもたちは、湧水が欲しい、雨が欲しいと直感したと思う。
帰宅後の天気予報は「明日は雨」と。ホッとした。

この都会の中のオアシスを大切にする活動を続けています。

白子川は、練馬区立大泉井頭公園を源流として、新河岸川に合流するまでの10kmを流れる川です。
普段は湧水が注ぎ、上流にはさまざまな生き物が生活しています。
私たちは、水質調査や清掃をして、
この都会の中のオアシスを大切にする活動を続けています。

水辺の会とは

詳細を見る

白子川はこんな川

詳細を見る

白子川源流まつり

詳細を見る

水と緑と生き物と。

滔滔と絶え間なく湧き水が出る源流部の石垣の下。
その清らかなこと。
人が入って濁っても、湧き出る水でまたすぐきれいになる。
静かな源流に、アメンボのまあるい影が映って、
小さな波紋がどこまでも広がっていく。

  1. 渇水が始まる初冬の心配から春の歓喜へ
  2. 雨水浸透のすすめ
  3. オオフサモの悩み
  4. 源流の生き物たち

湧水ってなに?

詳細を見る

源流の生き物たち

詳細を見る

湧水と白子川の今後

詳細を見る

オオフサモの悩み

詳細を見る

源流の四季

詳細を見る

雨水浸透のすすめ

詳細を見る

雨水を大地・白子川に

詳細を見る

湧水の源流

詳細を見る
PAGE TOP